ぼっち旅

北海道 秩父別は旭川と留萌の中間に位置する。
土地は非常に歴史があり、秩父別言う名前はアイヌの言葉が元らしい。

そして道の駅 秩父別には開基100年を祝って建設された記念塔がある。

頂上には日本国内でも最大級のスイングベルが設置されている。

スイングベル
スイングベル

このベルがそうなんだと思うが、自由に鳴らしていいような感じだ。
1度は恋愛成就
2度は金運上昇
3度は長寿
4度は強運
5度は大願成就
とにかく金が欲しいので2度鳴らしておいた。

頂上にたどり着くためには螺旋階段を登っていくことになる。

螺旋階段
螺旋階段

景色はなかなかのものだ。
これで晴れていたら最高だったが、あいにくの曇り。

記念塔頂上からの景色
頂上からの景色

下から見上げるとこんな感じになる。

記念塔
塔の外観

この道の駅のトイレは外扉と内扉がある。
この日は気温が低かったが、二重扉のせいか少し暖かかった気がした。